家づくりガイドあたらしのブログ

ステキな暮らしづくりサポーター、あたらしの楽しい日々。

我が家の、テレワーク事情。

色々なところで「おうち時間」を見直そう、見直したい。という声を聴きます。

ここ数ヶ月の間に、以前は考えなかったような、仕事スペースの確保や音の問題。

一日の時間の流れ。家族との過ごし方・・・

 

新しい「おうち時間」をそれぞれに工夫もしながら、ナントカ良い感じにして過ごされていると思います。

我が家では、私の仕事スペースの確保に、

新築時に 将来家族が多目的に使えるよう、カウンターとコンセントだけの二帖ほどの場所をつくりましたが、

 

そんなには使わないでしょーー ということで、そこが、室内物干し場でもありました。

 

これは新築時の写真です(今では、良い感じにエイジングされています)

一階リビングから 階段を上がって、

f:id:jiroars:20200604163413j:plain

短い廊下の奥にあります。

f:id:jiroars:20200604163446j:plain

 

ここが、洗濯物干し場。後に、対テレワークスペースとなった現場です!

超有名な、私が今でも超欲しい この椅子は、会社で持っているものです。

f:id:jiroars:20200604163526j:plain

 

実際に生活が始まると、洗濯もの干場としての使い方が圧倒的に多い!

暮らしが始まってからの変化、また最近になってから生活リズムの変化ということもあって、ますますそこに干されるシーンも増えました・・・

 

これからの家づくりを考えていかれる皆さん、

ぜひ、「室内の洗濯物の干場」について、今一度ご夫婦間でコンセンサスを得ておきましょうーー笑

 

我が家の場合は、ここを勝ち取るのは諦めて、

主寝室かどこかに、新たに整えていきたいと思います・・・

 

 

それでは!

 

(ガイド 新)

 

 

今度の土曜日は、TSUMUJICOFFEE~~

三ヶ月ぶり。規模は縮小しての「つむじ市」を、今度の土曜日に開催します。

まだまだ、色々と影響が出ている中ですが、

予防策をしっかりと取りながら、再開していきます。

 

私も久しぶりの「TSUMUJI COFFEE」で、参加します!

f:id:jiroars:20200602204937j:plain

 

気温も高くなって来たので、ICEも用意しますーー

この数ヶ月自宅では淹れていたので、ご安心ください笑

 

マスクと手袋をしながらという、いつもと違う感じと、

一番の楽しみ、皆さんとの楽しいトークは中々できないかとも思いますが、

お立ち寄り頂けると、嬉しいです。

f:id:jiroars:20200602205119j:plain

 

今回は、13時までの縮小開催となります。

aibaeco.co.jp

 

それでは!

 

(マスター・アタラシ)

 

 

はじめての上棟③

おうちで家づくり 026]

--------------------

お昼を食べて、午後の作業が始まりましたーー!!

f:id:jiroars:20200604045301j:plain

 

二階の床を支える構造用合板を貼っていきます。

f:id:jiroars:20200604045340j:plain

 

そこに、二階の柱を立てていきます。

f:id:jiroars:20200604045405j:plain

 

柱が立ったら梁を上げます。段取り良く進んで行きますーー

f:id:jiroars:20200604050231j:plain

 

秋晴れの空に、カケヤの音が気持ち良く響きますーー

f:id:jiroars:20200604050328j:plain

 

現場の男たち。カッコイイーー!!

f:id:jiroars:20200604050448j:plain

 

にしとこの住まい手さんも、温かく見守ってくれていますーー

f:id:jiroars:20200604050537j:plain

 

④に続きますーー笑

 

【上棟!! ~その3~ 091116】

 

-----【10年後本人解説】-----

建てる家の規模や種類によっても進み方が変わって来ますが、通常の在来工法だと午後になってから、「上棟」を迎えることが多いです。

今回はハイライトがいつ頃になりそうか、事前に現場監督に確認されておくと良いでしょう。

また、現場は安全第一に作業を進めていきますが、現地に見にこられた際には、担当者からの注意事項は守って頂き、十分にご注意の上、ご見学ください。

--------------------

 

それでは!

 

(ガイド 新)

 

 

はじめての上棟②

おうちで家づくり 025]

--------------------

始まりましたーー!

まずは、通し柱と、一階部分の柱から立てていきます。

f:id:jiroars:20200602104636j:plain

 

職人さんたちと、重機を操作するオペレーターさんとの抜群のチームワーク!

f:id:jiroars:20200602105257j:plain

f:id:jiroars:20200602105317j:plain

f:id:jiroars:20200602105328j:plain

f:id:jiroars:20200602105347j:plain

 

一階部分が出来上がって来ました!

f:id:jiroars:20200602105416j:plain

f:id:jiroars:20200602105457j:plain

 

一階の天井部分は、あらわし(隠れないで見えている)の仕上げになります。

縦の柱に対して、横向きに渡っている「梁」(はり)の下の部分が見えてきます。

f:id:jiroars:20200602105847j:plain

 

お昼くらいに、嫁さんと娘が到着。

覚えていないと思うけど、大きくなったらこの写真を見せて上げよう。

(唯一のカメラ目線のやつ笑)

f:id:jiroars:20200602110122j:plain

 

③に続きますーー

 

【上棟!! ~その2~ 091116】

 

▼当日のようす


相羽の家が出来るまで ~上棟~ (相羽建設株式会社 新 次郎)

 

-----【10年後本人解説】-----

定点撮影をしながらも、自分は足場に上がって出来るだけ近くで体感したい!

という想いで、興奮しながら写真を撮りまくっていました笑

平面的だった家がだんだんと立体的になっていく。それはもう、ワクワクしまくりです!

構造の木が見えるデザインと見えないデザインについては、好みもありますし、どちらが良いということではありません。

ちなみに我が家では、ダイニングテーブルの上にペンダントライトをつける際、一番良い位置の梁にフックをつけて、もとの照明の位置から振って落としているのと、窓際の方にモビール用のフックをつけました。

そして、ご家族皆さんでこのようすを見れると良いですね。作業は基本的に平日のため、お仕事との調整が出来るかですが、色々なシゲキが感じられる、特別な一日になります。

--------------------

 

それでは!

 

(ガイド 新)

 

 

はじめての上棟①

おうちで家づくり 024]

--------------------

ついに、この日がやって来ましたーー

2009年11月16日(月)。

f:id:jiroars:20200530213915j:plain

 

劇的に、その姿を変える一日が始まります。

鳶の頭、角田さんと、佐久間棟梁。

今日は、よろしくお願いします!!

f:id:jiroars:20200530214020j:plain

 

そして、今日一日のドキュメンタリー制作担当、アタラシです。

よろしくお願いします!!

f:id:jiroars:20200530214120j:plain

 

ソーラータウン西所沢というこの場所に出会って、

想いがどんどん強くなって、ついに住むことになりましたが、

 

この日の記録も、ナントカわかりやすい形で記念に、記録に残したい!!

という想いが強くなって・・・

 

こんな形になりました!!


相羽の家が出来るまで ~上棟~ (相羽建設株式会社 新 次郎)

 

写真のアップは、②に続きますーー

 

【上棟!! ~その1~ 091116】

 

-----【10年後本人解説】-----

定点撮影の動画を今見返してみても、当日の興奮がよみがえって来ますね。

何秒に1コマ撮るかを設定できるのですが、これは5秒に1コマ撮影しています。

上棟のようすを撮るのは初めてだったので、どんな感じになるのか、終わってみないとわかりませんでしたが、夜見てみて「おおーー!!」と声を上げてしまいました。

ただ、BGMも何もないと なかなかシュールな感じでもあって笑 この後の動画ではBGMをつけて編集するようになりました。

上棟のようすは、この後の②に続きますーー

--------------------

 

それでは!

 

(ガイド 新)

 

 

延期!!

おうちで家づくり 023]

--------------------

雨男なのかああーー!?

f:id:jiroars:20200530204817j:plain

f:id:jiroars:20200530204842j:plain

f:id:jiroars:20200530204854j:plain

 

11月11日(水)は雨!! そして12日(木)も回復せず。

それでも、日曜日、月曜日には晴れる!! という予報のもと、

11月16日(月)に上棟を迎えることになりましたーー

 

そして今日(11/15)。さわやかな秋晴れに。

f:id:jiroars:20200530205105j:plain

いよいよですよ。

f:id:jiroars:20200530205213j:plain

明日、アタラシ家の新たな1ページが刻まれます・・・

f:id:jiroars:20200530205235j:plain

 

楽しみでしかない!!

 

【また延期・・・ そして明日は上棟 091115】

 

-----【10年後本人解説】-----

この後、現地でのイベントだったので写真がありませんが、シートを外し水をかき出してもらいました。ありがとうございました!

建て方工事(上棟)は、家づくりの中でも大きな節目となる一日です。

今まではどちらかと言うと平面的だったのが、立体的になって実際の家の大きさを実感できます。

家のカタチになっていくようすを、連続写真(コマ送り的に)で、ナントカ記録に残せないかとずっと考えていて、最初は三脚でカメラを固定して、とにかくシャッターを切りまくる!!という、気持ちでナントカする作戦でしたが、あまりに現実的では無いと断念。

そんな中、設計事務所の木下さんから、アタラシさんの言っているのがこれなら撮れるかも・・・と紹介してもらったのが「ガーデンウォッチカム」というアメリカ?で庭の花が育っていくようすを定点撮影できるカメラでした。これがもう、スゴイ!!

この後の記事で紹介していきたいと思いますーー

--------------------

 

それでは!

 

(ガイド 新)

 

柱を受けるもの。床を受けるもの。

おうちで家づくり 022]

--------------------

足場組まれたあと、真っ黒な「土台」と「大引」が敷かれました。

土台は、基礎の立ち上がりがある部分に敷かれ、柱と大引を受けます。

大引きは、土台に渡され、その下は鋼製の束で支えられていて、床を受けます。

f:id:jiroars:20200529170140j:plain

 

真っ黒なのは、「ヘルスコ・キュアー」という墨を塗っているため。

防腐・防蟻の処理にも、出来る限りカラダに影響がないものをという、AIBA_STYLEのこだわりポイントです。

 

明日11/11が上棟の予定で、前日に土台が敷かれたのですが

(足場の上からこう見ると、斜めのラインが際立っていますねーー)

f:id:jiroars:20200529171152j:plain

 

斜めの部分は、このような感じになりました。絶妙な角度!

f:id:jiroars:20200529171351j:plain

 

東南側のアンカーボルトから。(こういう写真を撮りたくなる)

f:id:jiroars:20200529171446j:plain

 

北側から見る。

f:id:jiroars:20200529171525j:plain

 

残念ながら、あいにくの天気予報・・・

f:id:jiroars:20200529171602j:plain

 

明日はどうなるっ!?

f:id:jiroars:20200529171659j:plain

【土台敷き 091110】

 

-----【10年後本人解説】-----

基礎工事で設置した「アンカーボルト」と土台をガッチリと固定(緊結)していきます!足場が組まれて、土台が敷かれると、いよいよ上棟ーーという感じなのですが、

作業の安全上、天気が良くない中での建て方工事は行えません。

この時は、たしかかなりの確率で雨だったような記憶ですが、諸々の手配との調整の中、監督の判断を待つようになります。

土台と基礎の間には、気密性を保ち外気の侵入を防ぐ目的で、ゴム製のパッキン(ストラクチャルシール)を入れています。

出来上がってからは見えなくなってしまう部分にも、快適な暮らしにつながる、色々な手間が加わっています。

--------------------

 

それでは!

 

(ガイド 新)