家づくりガイドあたらしのブログ

ステキな暮らしづくりサポーター、あたらしの楽しい日々。

明日は、家づくり学校特別編!

今週末はいわゆる「寒の戻り」。皆さん、体調など崩していませんか。

明日は、現在販売中の「秋津町の家」を会場に、

こちらの家づくり学校特別編を開講しますーー

 

「間取りと収納とZEHのはなし」!!

f:id:jiroars:20190319001714j:plain

aibaeco.co.jp

 

前半と後半、二つのパートにわけて、

「収納や使い勝手【ナカ】の話し」を、栗林さん

「家そのもの【ソト】の話し」を、アタラシがそれぞれ担当します。

 

実際の家を見ながら聴いていただくことで、

いつもよりも、「なるほど!」がたくさん見つかる機会になると思います。

 

私のパートでは ZEHとは何か!という話ではなく、

リアルに結婚した二人「この家に松本家が住んでいて」という体で、

「家そのもの」=ソト:スケルトンの話しを 進めていきます・・・

f:id:jiroars:20190330193131j:plain

 

先日、持家に住んでいる人を対象にした、

とある 住まい・暮らしに関するアンケートの記事を見ていたら

「もし新しい家を購入するとしたら」という問いに対する最も多い回答が

「生活にあった間取り」であった ということが書いてありました。

 

住み始めの頃と、10年後、20年後で 暮らしは変わっていくもの。

その変化に「あわせやすい」家のつくり方であれば、

この問題は、解決していくのかもしれません。

f:id:jiroars:20190330193537j:plain

 

そんなこともふくめて、

出来るだけわかりやすく、噛み砕いて! 今回もお話しします。

お楽しみに!

 

お手元に、月刊誌「ainoha」の最新号(vol.88)は届きましたか?

今日、あるお客様との打合せで、まだ小さいお子さんが、

この写真を指して、ニコニコ笑ってくれました。

 

そう、私です!

f:id:jiroars:20190330193823j:plain

 

地域情報誌の「たまら・び」(103号) 表紙をめくっていただくと・・・

ここにも同じ写真で、出ています笑

f:id:jiroars:20190330194317j:plain

 

この写真を、いろいろと掲載してもらったおかげで、

コーヒーの人かと思いましたーーという嬉しい声もいただきます笑

 

たまら・びの表紙に書いてある

「時代を超えてまちに息づく ローカル・カルチャー」

 

「ローカル」って、好きだなーー

f:id:jiroars:20190330194418j:plain

 

私自身は、生まれは立川で、

国分寺で育って、結婚して小平に住み、今は所沢に暮らしています。

このあたりの「ローカル」情報は、いろいろ持っていますーー

 

時代とともに 今はもうなくなってしまった 場所もありますが

たまら・びの表紙を見ていて思い出すのは「国立スカラ座」。

公開されてしばらく経ってから、二本立てで上映した記憶が、

いま冷静に考えると、二本続けて観ていたのか・・・!?

 

スターウォーズの「ジェダイの復讐」(当時、今は「ジェダイの帰還」)は、

間違いなく、ここで観た。

瓶入りのコーラと、オレンジと白のストライプの紙コップに

味の濃いポップコーンが、なんかロボットの形をした機械の頭の部分から出てくる

みたいな(記憶が超あいまい)のが 定番だったなーー

 

思いっきり、余談でしたが、

地域工務店は、まさに「ローカル・カルチャー」でありたい!

と思っています。 という話でした。

 

それでは、明日!

 

(ガイド 新)