家づくりガイドあたらしのブログ

ステキな暮らしづくりサポーター、あたらしの楽しい日々。

\この道は、まだ先に続く/

日本代表が、無事に帰国。

ここから、思いっきり個人的な感想。

燃えたねーー!!アツかった!!ドラマチックだったーー!!

f:id:jiroars:20180706031310j:plain

f:id:jiroars:20180706032947j:plain

f:id:jiroars:20180706033020j:plain

「おっさんJAPAN」と言われていたが、30代前半の何がどこが「おっさん」じゃ!!

と思う45歳であるが、

 

おっさんたちと若手たちが、ひとつのチームになっていた!!

そして、西野監督はもちろん、コーチ、スタッフ、すべてのメンバーが、

ひとつのチームになってボールを追いかける。

 

なんだかんだ好き勝手に言われたって、自分の個性を強烈に発揮していた。

セネガル線の同点GOAL。岡崎、何回倒れてるの!!

ガッツポーズまで倒れたまま笑。

 

このシーンに映っている、大迫、柴崎、乾、岡崎、本田。

鹿児島城西青森山田野洲滝川二高、星稜。

みんな、高校サッカーで活躍した選手たち。

f:id:jiroars:20180706035346j:plain

 

乾がいた当時の野洲高校は「セクシーフットボール」と呼ばれ、

部活っぽくない!?という意味だったか、観ていてワクワクするサッカーをしていた。


高校サッカー史上最も美しいゴール(日本代表:乾貴士当時17歳)

 

この「セクシーフットボール」の説明になってしまうと、

かなりマニアックなので、キーワードとして「(ルート)フリット」をあげておく。

 

高校サッカーで活躍した選手たちが、

何年後かに代表になって、ワールドカップで活躍する。

自分たちの時には、それこそまだ見ぬ「夢」だった。

f:id:jiroars:20180706040208j:plain

 

今はJリーグもあって、J3まであって、

クラブと高校サッカーの交流もあって、ずいぶん環境は変わって整ってきたけど、

協会や会長の言う「サッカーを文化に」するには、まだまだ時間がかかるし、

かけていくべきだとも思う。

 

そして、さらに強烈なおっさんがいた!!

こうなったニュースを観た時に、

さすがに「そこじゃねえだろ」と思ったけど、

このスタイルもふくめて、アツい、アツいメッセージをチームに送り続けた。

f:id:jiroars:20180706040532j:plain

f:id:jiroars:20180706040825j:plain

 

ベルギー戦のあとに、「出しきったから」と言い、本当にイイ表情をしていた。

カタールを目指すと言う。まさに精神的な柱として、行ってほしい!!

 

そして、みんなで応援するのも楽しい!!

(超久しぶりに、レプリカのTシャツユニだけど買ってみた)

f:id:jiroars:20180706042444j:plain

 

サッカーフリークの参加するご近所のお父さんたちとのLINEグループでは、

試合の勝った負けただけではなく、

サッカーに関するあるあるネタ、昔の名選手や名勝負の動画などが飛び交い、

こういうのも楽しい!!

f:id:jiroars:20180706043042j:plain

 

ロシア大会はまだまだ続く。

f:id:jiroars:20180706043423j:plain

 

次は金曜日。

行けーー!! ベルギーーーーー!!!

f:id:jiroars:20180706043634j:plain

 

周りはほとんど野球をやっていたけど、

父親の影響か(で)、サッカー教室に通わせてもらい、

三菱ダイヤモンドサッカーを観て、夢中になったなーー

 

日本代表のロシア大会は終わった。

でも、この道は、まだ先に続く。

 

サッカーって、本当に超楽しい!!

 

(ガイド 新)